ショーイチ族

大阪市立大学の現役大学生です。応援団という団体に所属しながらたくさんの人を応援させて頂いています。経営についての著書をたくさん読んで絶賛勉強中です。よろしくお願いします。

初球からフルスイングする

誰もが一度は思ったことがある「あの時こうしていれば」という後悔という感情。

 

後悔なく生きられる人はこの世にいませんが、努力次第で限りなく後悔がない状態に近づけることはできます

 

そこでその一つの方法である「初球からフルスイング」することの価値について話していきたいと思います。

 
f:id:shoichizokufuture:20170806114948j:image

 

 

 

この言葉との出会い

バイト先のメンバーで鍋を囲んで話しているときに、大将が「成功するには初球からフルスイングできる人にならなければならない。それ以外は凡人だ。」と言い放ちました。

 

その大将は少年野球の指導をしていたこともあって人を見る目も肥えています。バッティングセンターに知り合いと行くとまず初球からガンガンバットを振っていくか、振ったあとによく考えているかを見るそうです。

 

そこで自分を振り返りました。果たして今までの人生で初球からバットを振っていただろうか。後悔だらけの人生ではなかっただろうか。もう周りの行動を見てからそれに合わせて動く人生はやめようと

 

初球からフルスイング

初球からフルスイングするとは、つまりチャンスを逃さないために失敗も覚悟の上でチャレンジしていくということです。指示待ちにならずに自分の考えで自ら行動していくということです。

 

そういうことができている人なら、何かの分野の第一人者になれるでしょうし、あいつは誰よりも先に何かをやってのける、凄いと言われる人になるのではないでしょうか。

 

やはりバットは最初から振っていかなければ本当の成功はないのです。

 

周りと違う、でもそれがいい

と言っても大半の人がやっぱり周りの目が気になってしかたがないと思ってしまいますよね。

 

それもそのはず日本人は周りに合わせて生きるという文化が染み渡っているため、上司の気を使ったり、友達に必要以上に優しくしてしまう傾向があります。

 

お金持ちになりたいとか、人生成功したいという気持ちが少しでもあるのなら周りと同じことをしていても、同じ以上の結果はでません人と違う道を生きる、でもそれがいい、と思うと良いと思います。

 

恥ずかしがらずにさあ一歩を踏み出しましょう。

 

betterより失敗ありきのbestで生きろ。

初球フルスイングという話の続きですが、もし初球からフルスイングしてしまうと当然失敗してしまう可能性が高くなってきます

 

しかし、成功すると大きな成功体験ができますし、失敗してもそこから学ぶことは大きいのです。

 

逆にフルスイングせずに、betterに何事もしているとそのような大きな成功体験や学べることが非常に少なくなるのです。ミスを恐れず最初から全力で物事に取り組むことで得られることは大きいことがわかったでしょうか。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。大将から教えてもらった「初球からフルスイング」という言葉を皆さんにお届けしました。ここから学ぶことはとても大きいです。ぜひ、心で理解して自分の人生に活かしていってください。それでは。