ショーイチ族

大阪市立大学の現役大学生です。応援団という団体に所属しながらたくさんの人を応援させて頂いています。経営についての著書をたくさん読んで絶賛勉強中です。よろしくお願いします。

無一文ヒッチハイクで中国地方一周の旅!4日目

 

4日目!ガチ野宿をしたので、体中が痛い…。蚊がいないと思いきやどこからかウヨウヨと湧いてきてだいぶ刺されちゃいました。蟻とかも体にいっぱい登ってきてるし…。やっぱりテントはできればある方がいいですね。

 

今日は山口県元乃隅稲荷神社角島大橋に行ってきます。少しゆるい感じの観光になりそうです。

 

旅始まって初めての挫折

下関駅周辺からヒッチハイクを始めたのですが、車がなかなか捕まりませんでした。なんとその時間、1時間半!目的地を短く設定するなどの試行錯誤を繰り返し、なんとか声をかけていただくことができました。

 

乗せていただいたご家族は、おばあちゃん、お母さん、二人の娘さんという4人乗りでした。このご家族は、以前日本中を自転車で一周している人を家に泊めた経験があり、その人は最終的に世界を自転車で旅する人になったそうです。世界にはまだまだ凄い人がいるなと感心しました。

 

 

その方々は次の車を探しやすいようにコンビニで降ろしてくれてさらにアクエリアスの差し入れまで頂いちゃいました。ありがとうございます!

 

そして、コンビニに止まっている車の人に声をかけているとすぐに次の車が見つかりました。500m先くらいまで行ってくれるそうです。少しの距離でしたがありがとうございました!

 

そして、永遠にも思える海沿いの車道を「俺今、旅人っぽいなあ」とか思いながら2kmほど歩き、スペースのあるところでヒッチ開始。

 

 

すると5分後仲の良さそうなカップルが止まってくれました。本当にありがたい。二人共同年代だったのでかなり話が弾みました。男性が今日誕生日だということで、なんとも良いタイミングで出会えたなあと思いました。

 

ヒッチハイカーを乗せることが最大のプレゼントだと言われたときはかなり嬉しかったです。こんな質素なプレゼントですみません…。笑

 

f:id:shoichizokufuture:20170818074105j:plain

 

角島大橋と角島まで連れて行っていただき、加えて差し入れもたくさんいただきました。また大阪に来たときは一緒に観光しましょう!お世話になりました!そして、お誕生日おめでとうございます!

 

鹿児島大学サイクリング部との出会い

到着すると一面のエメラルドブルーの海の片隅にいかつい集団がいることに気付きました。話しかけてみると鹿児島大学のサイクリング部さんが合宿で山口まで遠征で来ていたそうなのです。

 

f:id:shoichizokufuture:20170818074132j:plain

 

長距離サイクリングでケツが痛くならないのかかなり気になりましたが、それよりも同じ大学生に出会えたことが幸せでした。一緒に頑張ろう!

 

一生の仲になりそう!東京から来た豊さん!

サイクリング部さんと話していたのは僕だけではなく、豊さんという仕事の休暇中に東京から来た豊さんという方でした。この方が気の合う人で一瞬で仲良くなりました。(思っているのが僕だけだったらすみません。笑)

 

車にこだわりがあるこのお方は、最新モデルのMTのスポーツカーを乗り回していました。運転席のデザインがかっこよすぎました。笑

 

f:id:shoichizokufuture:20170818074200j:plain

 

その方と元乃隅稲荷神社に行きました。車で流れる流れる曲すべてが僕の大好きな曲だったのは少し笑いましたが、(どんなに気が合うねん。笑)あっという間に時が過ぎました。

 

そして、ナニコレ珍百景でも特集された日本一入れにくいお賽銭箱にお賽銭を入れてきました。4回で入れることができました。豊さんは20回くらいやってました。笑 いい思い出です!

 

そして、美祢IC近くのローソンでお茶とからあげを奢っていただきお別れしました。ありがとうございます!また東京で飲みましょう!

 

最悪の雨で風邪を引く!?

f:id:shoichizokufuture:20170822171345j:plain

降ろしてもらってすぐに天気予報にも書いていなかった雨が降りました。急に滝が流れ出したのかという勢いのゲリラ豪雨で折り畳み傘が使いものにならなくなりました。身体もカバンもびしょびしょになり、死ぬほど寒かったです。

 

あまりの雨にダッシュで民家に逃げ込みました。ずぶ濡れの僕を見てそこの従業員さんがタオルと椅子を持ってきてくれ、少しの間震えながら座っていました。まさかこんな災難になるとは…。完全に精神が滅入りそうになりましたが、「いつまでもここで甘えていてはいけない」と思い、行き先の書いたダンボールだけを持って雨の中傘を差しヒッチハイクを続けました。

 

そして数十分後、強面なおじさんが車を止めてくれました。「兄ちゃん、どこまでじゃ?」普通ならビビりまくっていましたが、この時の僕は止まってくれる車がいることだけで嬉しくて泣きそうになり、「下関までです…!」と言いました。そのおじさんは僕の精神状態を瞬時に察したらしく、「乗りぇや!」と山口訛りの方言で言ってくれました。思わず泣いていました。何度も何度も「ありがとうございます…。ありがとうございます…。」と言っていたと思います。

 

その方は和田さんという方で下関までは行かないので、後輩に電話をかけてくれてわざわざ後輩が仕事のついでに寄ってくれることになりました。待ち時間に「ご飯くいな。」と1,500円をいただき、泊まらないでも入れる旅館の食堂で大好物のカツカレー大を注文し、2秒で平らげました。この時のカレーは格別に美味しかったです。

 

そして、後輩さんが迎えに来てくれて、明日の昼頃からも乗せてくれることになりました。本当にありがたいです。

 

この方がなかなか凄い人で、漁師で月120〜200万くらい稼いでいた時代や、沖縄以外日本一周ヒッチハイク旅行をした話を聞きました。お金の稼ぎ方にも色々あるんだなぁと考えさせられました。

 

本当にありがとうございます。この御恩は一生忘れません。

 

降ろして頂いた場所は先輩の家から十数km離れたところにあり、歩いて帰るには遠すぎる距離でした。4kmほど歩いてもう無理だと思い、たまたま通りかかった車に声をかけると乗っていいよと言ってくれたのです。

 

ありがとうございます。その方は空軍の自衛官の方に務められていてお盆休みの最終日でわざわざ僕を送るためだけに自宅とは違うところまで送っていただきました。

 

そのときに聞いた自衛隊の現実や制度はかなり勉強になりました。お話を聞けて良かったです。ありがとうございました。

 

遅い時間に先輩の家に到着

やっとのことで家に到着したのですが、疲れが凄かったです。しかし、美味しいご飯を残してくれていて身も心も温まりました。今日はフローリングで寝かせていただきます。

 

最後に

今までとは一転、今日の旅は過酷でした。しかし、たくさんの人の助けもあり、風邪もがっつり引くこともなく無事に家に到着できました。

 

本当にたくさんの人に感謝しています。この恩をたくさんの人に返せるような人になりたいと考えました。

 

明日は島根で別の先輩OBと会う予定があります。頑張っていきましょう!それでは。

 

 

【今日の旅の足跡】

先輩OBの家(8:30頃出発)→下関駅→安岡→角島大橋→角島→元乃隅稲荷神社→美祢IC→遊湯亭→下関市内→先輩OBの家(22:30頃到着) 

【今日の総移動距離】

250㎞

【残っている食料】

非常食、塩飴、ふくせんべい、お菓子、伊右衛門500ml

【残金】

 540円(+グルメカード券500円分)

 

 

次の日に続く↓↓

shoichizokufuture.hatenadiary.jp