ショーイチ族

大阪市立大学の現役大学生です。応援団という団体に所属しながらたくさんの人を応援させて頂いています。経営についての著書をたくさん読んで絶賛勉強中です。よろしくお願いします。

大学の応援団に入って人生変わった話

現在201710月。僕は今大学3回生で、後期の授業が始まり学祭の準備も始まりバタついているという憂鬱な心境である。

 

勉強をしにこの大学に入ったが、大学に入ってからというもの本気で授業に取り組んだことがほとんどない。おかげで単位もあまりとれていないのが現実だ。常に泣きそうである。()

 

今期は本気で勉強する期間になりそうだ。しかしながら、こんな僕でも大学で唯一打ち込んでいるものがある。それは部活動だ。

 

 

大学の応援団

f:id:shoichizokufuture:20171003144513j:plain

僕は応援団という部活に所属しているのだが、世間的に見てもかなりイレギュラーなクラブである。古風な上下関係、真夏でも学ランを身にまとい、男は押忍と返事をする。

 

とても学外の人が寄り付かない時代遅れ感の漂う部活である。なぜ僕がこのような部活に入ったのか。

 

それは新入生が入学してすぐに行われている新歓活動でのこと。

 

大学生活で始めていったのが応援団の新歓であった。楽しかったなあ。大学生とはこんな遊びを365日しているのだという錯覚さえ覚えた。それは4月の頭の新歓だったのだが、4月の後半には入ることを決めていた。

 

なんともあっさりしているように思えるかもしれないが、これでもかなり悩んだつもりである。アイスホッケー部、ボート部、アメフト部とかも魅力的だった。体育会系だけでなく、アイセックや国際交流を活動の中心にしたサークルとも迷った。

 

しかし、運命というのは不思議なもので入学して初めて行った新歓が結局自分の居場所となるとは思ってもいないことであった。自分のためではなく人のためを思い努力するこの団体に心惹かれ、いつの間にやら入団を決めていたのである。

 

そして、現在その感覚が間違っていなかったことを実感している。大学自治の中心としてこの大学を支えるこの応援団で自分を成長させる機会と常に触れ合いながら4年間を過ごせることに四六時中止まらぬ興奮を覚えている。組織の為になれるように自分のすべての力を捧げよう。

 

 

時代と共に変わっていく

f:id:shoichizokufuture:20171003144841j:plain

僕が入団した頃は、4回生の幹部には口を聞きにくいもの、恋愛は原則禁止、とても上の言うことに文句を言えるような環境ではなかった。

 

それが僕は良いところと思っていたし、ずっとこのまま硬派でかっこいい団体であってほしいと思っていた。しかし、時代は当時の良さを取り払うように応援団のサークル化を加速させる

 

今現在の応援団はもう僕が入団した当初の応援団ではない。恋愛の話ばかりがはびこり、これからの応援団の在り方について語る団員が少なくなってきていることに、これが時代の力かと悲しみを感じずにはいられない。

 

本当に良くも悪くも変わってしまった。

 

今の応援団必要なものは、自分が組織の核となり将来の応援団の形をイメージしながら応援団をマネジメントする必要性があるということだ。これは一人で何かをしようとするのではない。団員の持てる才能や能力を最大限発揮できる形にシステムを変容していく必要性である。

 

応援団の骨組み(変わらぬ良さ)を変えず、肉付き(システム)だけを変える。これは上下関係が存在するこの団体では最上学年つまり幹部しか成しえないものだと思う。

 

よって、数か月後に始まる僕たちの代では応援団の良さを見極め、次の代へと良い形でバトンを渡せればよいと考えている。そのための自己犠牲ならどんなことでも受け入れる所存だ。

 

 

新たな時代へ

f:id:shoichizokufuture:20171003144947j:plain

応援団は今、史上最大の分かれ道の前で立ち止まっている。ここでどちらの道を選ぶかで後の世代の応援団の在り方が決まってしまう。

 

その選択肢の一つは、幹部には口出しできないような硬い上下関係を保ちつつも、その中での先輩後輩の情、男女の情、同期の情などを重んじて理念達成に向かう道である。これまでの応援団のそれである。

 

また一つは、上下の区別は仕事内容の違いだけで、プライベートは上も下もなく遊ぶ。みんなが友達。団内では恋愛に現を抜かす団員が多くなり、できるだけ応援団の活動で忙しくならないように、遊びの時間をもっととれるように活動を決めていく。判断基準は忙しくなりすぎないかどうか。学校のことはその後で考えよう。いわゆるサークル化のその道である。

 

どちらもそれなりの良さを持つが、どちらを優先しても上手くいかなさそうである。最近の団員は迷わず後者を選択しそうな団員ばかりになっていて、古き良き時代の片鱗を知っている僕からしてみれば怖いの一言である。

 

やはり、僕としては前者の良さも取り込みたいし、僕たちの代でも前者と後者の両方の良さ合わせ持つ団体にしたいと考えている。新たな応援団の形は僕たちの代にかかっているのである。

 

 

最後に

いかがだっただろうか。今回は将来の現役応援団員へ向けて書いた記事である。このような時代の過渡期を経て今の応援団があることを知ってもらい、少しでも君たちの判断材料になってくれればいいなと考えた次第である。それでは。

 

 

正直者は損をする?僕はそうは思わない。

 

皆さんは正直者ですか。嘘をついたり誤魔化したりすることが当たり前になっていませんか。

 

 

人は皆、不完全です。誰もが少なからず見栄を張ったり、ちょっとした嘘を積み重ねて生きているのではないでしょうか。

 

 

そこで、今回は幸せに生きるために正直者でいる必要性について話していこうと思います。

 

 

f:id:shoichizokufuture:20170922153020j:plain

  

 

どんなこともいずれは気づかれる

人の目というのは凄いものです。自分のことは全て知られていると思えるほどよく見られています。

 

 

不思議なものでずるいことをしても初めはバレない。しかし、それが癖になり何度も同じことをしていればいつかはバレるときが来ます。

 

 

そして、一度バレると大変で自分の価値が一気に下がってしまいます。気づかれた相手には「こいつ何回もやっているな」と思われてしまい、せこいやつというレッテルが貼られてしまいます。

 

 

レッテルというものは怖いもので、貼られてしまうとなかなか取れません。そうなれば終わりですね。

 

 

いつかは必ずバレるなら見栄を貼らず正直者でいたほうがいいではないでしょうか。

 

 

良いことも気づかれる 

気づかれるのは、悪いことだけではありません。良いことも同じです。

 

 

良いことをしていても初めは大体気づいてくれません。自分は良いことをしているのにと思うけれど、なかなか気づいてくれない感じがしますよね。それで悲しい気持ちになったことがある人もいると思います。

 

 

でも、いつかはそれに気づいてくれる人が必ず現れます。

 

 

僕の経験上、10回良いことをすれば気づいてくれるのは1回くらいですかね。それでも頑張って良い行いを繰り返していると誰かがあなたの行いに気づきます。

 

 

一度気づかれると「今まで良いことを何回もしてきたんだ。こいついいやつなんだな。」と思われ、自分の価値が上がります。

 

 

仕事なら出世、スポーツならキャプテンを任されるなどいろんな良い影響が出てきます。

 

 

正直者は愛される

正直者は損をするなどと巷では言われていますが、僕はそうは思いません。

 

 

僕の尊敬する偉人の一人に松下幸之助という日本が生み出した凄い経営者がいますが、この人はトップクラスの正直者で、間違いなく人に愛されていました。

 

 

この人の人を大切にし、正直に生きる人柄に周囲の人が惹かれていき、この人を支えたいと多くの人に思われ、その結果として日本を代表する一流企業であるパナソニックができたのです。

 

 

僕はこういう人になりたい。そして、皆にもなってほしい。僕がこういう人に愛される人になっているかと言えば全くです。笑 なので少しずつそういう人になれるように努力したいと思うのです。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

 

正直者が馬鹿を見る時代なんて来ません。むしろ、たくさんの情報が溢れるこの時代だからこそ、正直に生きる必要があるのではないでしょうか。

 

 

それでは、また明日。

 

 

縁 LIFE IS THE JOURNEY

 

皆さん、お久しぶりです。ショーイチです。部活の合宿やなんやでサボってました。すみません。

 

今日は無一文で中国地方を一周するヒッチハイクでの旅で感じた「縁」から学んだことを書いていこうと思います。またヒッチハイクのことかと思うかもしれませんが、それだけ得るものが大きかったということです。恐らくこれからもいくつか記事を書くと思います。笑 どうかお付き合いください。

 

 

縁を感じた瞬間

ドライバーさんの都合と自分の都合が噛み合わず、山口県の山奥で降ろされたことがあります。こればっかりは仕方がありません。

 

5分に一台、車が通るか通らないかという辺境の地。背の高い木々が僕の周りを360度取り囲み、歩けども歩けども景色は全く変わりません。

 

その状況で僕はどうしていいか分からず途方に暮れていました。その時、一台の車が僕の前に止まりました。このドライバーさんは神かと思いながら、車に乗せていただきました。

 

精神的にあまり余裕がなかったのでナンバーまでは見ていませんでしたが、聞く話によると僕の生まれ故郷である大阪府堺市のナンバーだったそうです。そして、よくよく聞いてみると家も自転車で5分という近所で話も合い、乗せていただいたそのご夫婦には大変良くしていただきました。

 

遠い地で地元の方と会う奇跡。こんなこともあるのかと感動しました。

 

 

2つ目のエピソードですが、広島県福山市で乗せていただいたファミリーの話です。お父さんがヒッチハイカーをよく乗せるそうで僕はお父さんの恩恵を受け、乗せていただけることになりました。大雨が降り始めた直後だったので本当に助かりました。

 

ご両親、中学三年の息子君、小学生の娘さんの4人家族で、息子君が受験期であり話を聞いてやってくれというお父さんのお願いでした。息子君は学校や部活の水泳、塾などたくさんすることがあり、話を聞いていると僕の受験で苦しんだ記憶が蘇りました。

 

たくさん話をする中で息子君が何か自分に似たような性格を持っているように感じ、親近感を覚えていました。

 

しばらく乗せていただき、かなり打ち解けました。しかし、悲しいことに出会いがあれば別れもあります。降ろして頂く時にお父さんが食べ物を買ってくれると言ってくれたのでありがたくいただきました。その時、僕は気づかなかったのですが息子君が自分のお小遣いでファミチキを買ってくれていて、別れ際に「頑張ってください」と僕にくれたのです。

 

熱いものが心に湧き上がってきて、本当に感動しました。こんな嬉しかったことは今までなかったかもしれません。僕はお礼の印として、持っていたサングラスを渡して、その家族が下関出身で僕の行き先も下関ということもあり再会を願ってお別れしたのでした。

 

また困ったことがあれば連絡してほしいということで連絡先を交換していたのですが、僕の到着はどう頑張っても8月17日。滞在時間は18日までと再会できるとすれば2日間のどちらかということになります。

 

息子君は2日とも部活と塾で会えないということで、流石に再会は厳しいかと半分諦めていました。

 

しかし、ここからが奇跡の始まりでした。

 

偶然にも広島から本州最西端の下関まで一発で行く車に乗せていただけることになったのです。到着は16日の4時。これは会えるかもしれないと思い、急いで息子君に連絡しました。すると、「5時から塾なので4時から4時半の30分間なら会えます。」という連絡が来ました。

 

半分は諦めていた僕ですが、半分は諦めていなかった。それが功を奏したのか再会することに成功しました。僅かな時間でしたが、また大阪で会うことを約束しお別れをしました。

 

これも何かの縁。会うべくして会っている。運命とは求めれば、本当にあるものなのだと確信しました。

 

 

縁を大事にすると人に優しくなれる

以上、2つのエピソードをご紹介しましたが、他にもまだまだあります。これらのことすべてが偶然に思えるかもしれませんが、僕の中ではこれは偶然ではなく必然。間違いなく運命の上で出会っているのだと感じました。

 

一度人との縁を感じると考え方がガラリと変わりました。自分の人生があるように、自分が知らないところにたくさんの人の人生がある。それらは自分に大きな学びを与えてくれるし、何より聞いていて面白い。

 

今まで信じるべきものは自分のみだと信じて生きて来たのですが、初めて人をリスペクトする気持ちが生まれました。人って凄い。縁って凄い。

 

それからの僕は他人の欠点ではなく、良さを探すようになりました。そして、他人の良さを探している自分を好きになりました。良いスパイラルになっている気がします。ヒッチハイクが終わってから丸くなったと言われることも増え、少し自分の成長を感じます。

 

本当にヒッチハイクに行ってよかった。

 

 

人生は旅である

僕がよく行く本屋さんである本を目にしました。タイトルは「LIFE IS THE JOURNEY」という本で、すぐに購入しました。心が震える一冊で、読んでその名の通り人生は旅であるという趣旨の本です。

 

旅ではトラブルがつきものです。急な雨や思い通りに行かないヒッチハイク。他にも理不尽な人と会ったりとたくさんのトラブルがあります。

 

しかしながら、不思議と安全だった日々よりもトラブルのほうが記憶に残っていることが多いのです。なぜなら、人間はトラブルに遭遇したときにいろいろと考えるから。それは良くも悪くも忘れられない思い出になるのです。

 

旅ではたくさんのトラブルの中からたくさんの学びを得ます。そこが旅に出る最大のメリットですかね。

 

 

人生も旅と同じだと思います。思いどおりにいかないことや自分に合わない人などの存在で、心が落ち着かなくなることがあると思います。でも、これは人生の潤いです。人生の救いです。思いどおりにいかないときこそ考えるのです。

 

人生は長い旅です。うまくいくこともあれば、そうじゃないときもある。どちらの経験も僕たちに成長を与えてくれると考えれば、どんな不幸な人生だって捨てたもんじゃないと考えることができるでしょう。

 

そして、心を穏やかに保つことは大切です。心を穏やかに保って学ぶ姿勢を忘れなければ、順境でも逆境でも多くの学びが得られます。しかし、そのような心を持てなければ順境はおごりになり、逆境は恨みになります。謙虚にいくことが大事なのです。

 

  

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

人生は旅である。その旅路は穏やかな心で進まなければならない。これが人生の核心のような気がします。

 

今回は旅から学ぶ人生の過ごし方を書いていきました。皆さんもぜひ縁を感じられるような行動をしてみてください。それでは。

 

 

究極のプレゼントは物ではない。

 

こんにちは!突然ですが、誰かにプレゼントをもらうと嬉しいですよね。でも自分があげるとなると何をあげるか迷ってしまう。そんなあなたにぜひ覚えておいてほしいことがあります。今回は良いプレゼントについて書いていきましょう。

 

相手に何かをあげる

プレゼントする機会はたくさんありますよね。友達の誕生日プレゼントや母の日に送るカーネーション、後輩への自分の名前が入った服をあげることや恋人へのクリスマスプレゼント。

 

僕が今までもらったプレゼントで一番嬉しかったのは、憧れの先輩からもらったレプリカユニフォームです。

 

小学校から高校までサッカー漬けの毎日だった僕ですが、高校の時に憧れと呼べる先輩がいました。その先輩は全国大会に行くような高校から来るたくさんのスカウトをすべて蹴って、うちの高校に入学し、一人だけずば抜けたサッカーセンスを持っていました。

 

それだけでも十分かっこいいのですが、僕が憧れたのはこの人の後ろ姿です。基本的に最低限のことしか言わない優しい性格だったのですが、人のミスは自分が取り返す、仲間が挫けそうなときもプレーでカバーする。その後ろ姿は高校生ながらとても大きいものに見えました。

 

その先輩が卒業するときに、みんなで寄せ書きを書きました。僕は「ずっと僕の憧れです。」と書きました。すると、それを読んだ先輩は僕に大事にしているというACミランのレプリカユニフォームをくれました。

 

憧れの先輩からもらった汗が染みついたユニフォームは僕にとっての一生の宝物になりました。

 

プレゼントをするとは、相手に何かをあげることです。そのときに何をあげると相手が喜んでくれるか。どんなシチュエーションであげるとよいのか。いろいろ考えることはあります。

 

 

そのときに何を一番に考えたらよいか。悩みますよね。僕が意識しているのは、相手の思い出に残るものです。当たり前なことのように思えますが、意外とみんなできていない。

 

例えば、冬だからといって必ずしもマフラーをあげれば良いというわけではないのです。相手がそのマフラーがほしいと言っていたのなら話は変わってきますが、本当に相手にとって思い出に残るものなの?と自分にもう一度聞いてみてください。

 

相手がもらって感動したり、嬉しくなったりするものが何かをきちんと考えてみるといいかもしれませんね。

 

最高のプレゼント

では、最高のプレゼントとは何か。ずばり、僕は思い出だと思います。サプライズをすると嬉しい思い出になると思いますし、夜景を観に行っても最高の思い出になると思います。

 

大切なのは、どれだけ相手のことを考えて、どれだけの時間を費やし、そのときに最適なプレゼントを選べるかどうか。相手の心に残るような思い出を作ってやる。それが相手に響くと大して高価な物をもらっていなくても最高のプレゼントをもらったというふうに思います。

 

そもそも物はいつか壊れたり、なくなったりします。しかしながら、思い出というのは忘れたくても忘れられないのです。(良い意味でも悪い意味でも…。)さらっと言った些細な冗談や軽い気持ちで買ったペアルックのキーホルダー、一緒に行った旅行先で撮った写真など、すべてが思い出であり、最高のプレゼントだと思うのです。

 

究極言うと、物質的なもので最高のプレゼントなどないのです。そして、本当に良いプレゼントとは物ではなく良い思い出を作ってやろう気持ちだと思うのです。

 

最後に

僕もプレゼント選びに悩んだことがあります。そして、たくさん失敗しました。特に恋人に送るものは…。笑 なぜか響かないんですよね。しかし、その中から少しずつ良いプレゼントとは何かを考えたのです。

 

皆さんも仲の良い友達や家族、また恋人にプレゼントを送るときなどにぜひ参考にしてみてください。それでは。

 

 

ヒッチハイク!10分で車を止める方法を徹底大公開!

この記事を書いている途中4,500字近く書いた段階でもうそろそろ記事が出来上がるというときに、なぜかパッとすべての文章が消えてしまうという現象が起こりました。バックアップもとれていなくて書き直し…。本当に絶望感が凄かったです。苦労して書き直したんで最後まで読んで頂けると嬉しいかな…。笑 はー。⤵⤵

 

f:id:shoichizokufuture:20170818074200j:plain

 

どうも先日、無一文ヒッチハイク中国地方一周してきたショーイチです。ヒッチハイクに興味があり、やりたいけど不安という人がやれる自信を持てるような記事を書いたつもりです。ぜひ読んでみて下さい。

 

突然ですが、皆さん、ヒッチハイクって難しそうですよね。今までしたことのない人は難しそうとか、危なくないのかとか考えてしまうと思います。しかし、ヒッチハイクをしたことがある人ならわかるのですが、実は日本でのヒッチハイクはあんまり難しくないと言うのが現実です。男性がするのでしたら危険性は全くのゼロだと思います。今回は僕の経験からヒッチハイク旅行を成功させる方法について徹底的に書いていこうと思います。

 

 

 

まず僕の自己紹介をしておくと、僕のヒッチハイク歴?なるものは、大阪から東京まで友達と二人でヒッチハイクで行ってみたのをきっかけに、一人で和歌山一周、そして今回の中国地方一周と回数で言えば、3回のヒッチハイク歴があります。

 

続きを読む

無一文ヒッチハイクで中国地方一周の旅!最終章

 

ブログ更新遅れてすみません。疲労困憊で夕方まで寝てました。心配して下さった方本当にありがとうございます!

 

 

今日は最終日。最終日チェックポイントである天橋立を見て大阪の大将が待つろばた賢心まで帰ろうと思います。最後、気合入れていこう!

 

f:id:shoichizokufuture:20170822223632j:plain

 

続きを読む

無一文ヒッチハイクで中国地方一周の旅!7日目

 

7日目!お世話になった先輩とも今日でお別れです。休んだ分、またヒッチハイクへの不安が出てきました。でもやるしかない。今日は鳥取砂丘を経由して兵庫県を目指します!

 

島根の先輩に片道20km以上行ったところにある人が来やすい「道の駅あらエッサ」まで送っていただき、お別れとなりました。楽しい時間をありがとうございました!では、行ってまいります!

 

駅弁って美味いんだな

f:id:shoichizokufuture:20170822170143j:plain

道の駅で例のごとくダンボールをもらい、ヒッチハイクをスタートしました。道の駅限定の無料で配布している缶バッチを道の駅で働くおばちゃんからもらいカバンに装備しました。攻撃力が+12くらいアップしました。すると、声をかけ始めてすぐに米子駅までならいいよと言うご夫婦が現れました。缶バッチのおかげですね。ありがたいです。

 

続きを読む